夢があろうと無かろうと楽しく生きている奴が最強!

注文(できるメニュー)の多い中華料理店 ラーメン&半チャーハン@ 精陽軒

渋2精養軒

ようし、渋谷2丁目のランチは俺たちに任せろ! アイブリ株式会社のしんぼです。

「渋谷2丁目ランチといえばアイブリブログ」と言われるようにしたい。そういう固い決意のもと、今日もランチに出発! なおお断りしておきますが、アイブリ株式会社はSI事業など手掛けております開発会社です。

さて、今日のランチはここだ。

精陽軒

  • 席数(概数)カウンター9席+テーブル18席+2階?
  • 入店時刻と空席状況およそ12:45で1階の80%くらい
  • 食べたものと価格ラーメン&半チャーハン 850円
  • ランチ価格帯700~900円

免責事項すべての情報は、正確を期してはおりますが、私個人の主観によるものです。

今日は昔ながらの雰囲気の中華料理に入ってみました。お店の前を通りがかると、いつも待ってる人がいたり出てくる人がいたり、にぎわっている感あるお店です。

渋2精陽軒

お店の名前は「精陽軒」で、検索すれば山ほど上野精養軒の記事が出てきますけれどもあんまりこちらのお店と関係はないみたい。渋谷2丁目でFoursquare検索かけてるのに上野精養軒が先にずらっと候補されてて正直当惑気味です。アルゴリズムの見直しを要求する。

※2017-10-13追記:私が漢字を間違えてました。上野は精養軒、渋谷は精陽軒ですね。

そもそもFoursquareの検索結果は東京人には広すぎる気がするんですよ。駅近のランチ検索してんのにけっこう何キロか先の候補が出たりとかしてイラっとすることが。評価数の少ない店は検索に出さない哲学のようですが、そもそも日本だと利用者数そこまで多くないし、もうちょっと丁寧に検索設定をカスタマイズできるといいんだけどなぁ。

話は逸れましたがこちらの精陽軒を仮に渋2精陽軒と呼びましょう。お店に入るとこのブログのために席数を数えるようにしております。渋2精陽軒に入ってささっと数えて30席くらいかなーと思いましたが、2階席もあるんだそうで、全貌がつかめませんでした。1階席だけ見ればけっこう埋まっていたのですが、2階席もあるとなると、お席にけっこう余裕があるのかも? だからお店の前で、4人くらいのお客さんがのぞき込んだりしてるのかなぁ。

店頭のメニューを見てもわかりますが、メニューは多彩です。ランチ向けにメニューを絞り込むような軟弱な方針はないようです。セットメニューはもちろん、麺類、単品料理、おつまみにお酒まで。私はラーメン+半チャーハンという絵にかいたような昼飯を注文しました。

店外メニュー

渋2精陽軒

もうこのブログをご愛読いただいている方には書くまでもないと思いますが、渋谷2丁目はランチ激戦区なので、注文して2分で料理が出てきました。まだタグホイヤー様のスポンサードは頂けておりませんので、愛用のカシオProTrekを使っての計時でございます。もちろんカシオ様のスポンサードも大歓迎でございます。厨房はいったいどんなプロセスでこのスピードを実現しているのか心配です。ピットクルーが12人くらい待機してるんでしょうか。

渋2精陽軒

お味の方はこれまた絵にかいたようなしょうゆ味のラーメンに、チャーハンです。皆様の頭に浮かんでいるその味そのものでございます。ご安心を。

ちょうど私がラーメンすすってチャーハンほおばって一息ついた時に、隣に新しいお客さんが入りましたので、そこはかとなく様子をうかがっておりましたらそのおじさんが「豚肉とキャベツの味噌炒め850円」をご注文になりました。ははぁ、これは例のあれだな、と思っておりましたら店員さんはキッチンに「ホイコーロー1丁」とオーダー入れていてキッチンも「はいホイコーロー」と受けていて、私としてはこれはもうメニューに「ホイコーロー」と書いた方がいいのではないかと思いました。でもまぁお客さんの中には「『ホイコーロー』て何じゃい」と思う人もいるのかもしれないし、やっぱり万人向けのわかりやすいメニューを心掛けているのかな。と思ったら早くも(2分)お店の方が豚肉とキャベツのみそ炒めを運んできて「はい、ホイコーローでーす」とお客さんに提供していて私は心の中でずっこけました。もうメニューにホイコーローって書きましょうよ。みんなわかってるじゃん。

シャレオツでモダーンなお店の多い渋谷2丁目では逆に目立っている渋2精陽軒。公式サイトはまたしてもリンク切れでした。弊社にご用命頂ければ喜んで制作させて頂きます。次回は私も豚肉とキャベツの味噌炒めを注文してみたいと思ってまーす。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

Twitter でフォロー