夢があろうと無かろうと楽しく生きている奴が最強!

ナポリ出身の本気ピザマルゲリータ+サラダのランチ@ NAPOLIMANIA

マルゲリータ ピザ

ようし、渋谷2丁目のランチは俺たちに任せろ! アイブリ株式会社のしんぼです。

「渋谷2丁目ランチといえばアイブリブログ」と言われるようにしたい。そういう固い決意のもと、今日はちょっぴりブログのデザインを変更してみました。皆様が見やすいように、ちょっと色つけてみたりとか。今後もより見やすくするために努力してまいりますのでごひいきのほどを。アイブリ株式会社はSI事業など手掛けております開発会社です。

さて、今日のランチはここだ。

NAPOLIMANIA ナポリマニア

  • 席数(概数)カウンター06席+テーブル 28席
  • 入店時刻と空席状況およそ12:40で70%くらい
  • 食べたものと価格マルゲリータ+サラダのランチ(ドリンク付き) 1,100円
  • ランチ価格帯1,100円
  • ソーシャルアカウントFacebook instagram

免責事項すべての情報は、正確を期してはおりますが、私個人の主観によるものです。

今日は渋谷2丁目ランチの師匠、T氏に誘われて、ナポリピッツァの世界に行ってきました。師匠は同い年でここ20年ちかい付き合いです。彼は長いことこの表参道・渋谷界隈でDTPデザイナーとして働いておりまして、このあたりのランチといえばもうエキスパートです。以前にも渋谷で飯食った時がありまして、その時にはNHKのあたりまで遠征しに来てくれたことがあります。どんだけ昼飯に賭けてんすか師匠。

私がアイブリに就職してブログ書いた直後に「近いやん。飯食おう」と連絡してきて、もう翌々出勤日には「ブシュリー・アミアブラ」でのランチをセッティングしたほどのランチっぷり。その時に「次はNapolimaniaで」と約束していたのですが、「そろそろピザ行こう」と連絡がありまして、今回のピザと相成りました。だから今日はピザ!

店の間口が少し狭いのですが、なんとなくヨーロッパの石造りの家っぽい。

外観
看板

店に入ってみると、奥にずずいっと深くて、奥のほうが広がっています。ピザ窯を思わせる店構えですね。誉め言葉になってないか。

メニュー

師匠が「ピザのセットがおすすめ」と言うので、マルゲリータピザと自家製ソーセージのピザと両方頼んでシェアすることにしました。一人で同じピザ延々食べるよりも、交換した方がいろんな味を楽しめますからね。さすが師匠、策士です。

師匠に「渋谷2丁目ランチで掘り出しものはあった?」と訊かれたので、以前行って美味しかった寿司酒場「おもてなし」を紹介しておきました。地下にあるお店で階段が暗いので、少々見つけづらいかもしれませんが、寿司は旨かったっす。

師匠の息子さんは10歳、そろそろ夏休みもおしまいだそうで宿題に追われているそうです。8月の下旬で2学期が始まっちゃう学校、けっこうあるんですかね。私のイメージでは8月31日てのが絶対的な夏休みの終わりなのですが。うちの娘はまだ4歳、保育園で夏休みとは無縁です。

運ばれてきたサラダはちょっと塩けの強いドレッシング。うーん酸っぱい。師匠によると、以前はこちらのお店でお惣菜も出していたそうです。いつの間にかピザがメインになっていたとのこと。また、近くに系列店ができているそうで、渋谷2丁目ランチを網羅する野望を抱いている私としては興味あります。

サラダ

運ばれてきたのはイタリアらしい薄手のクラストをこんがり焼いたピザ。なかなか食べ甲斐があります。さすがのおいしさ。私はピザはアメリカンスタイルの厚手の生地よりイタリアンスタイルの薄手の生地の方が断然好きです。美味しいっすよねぇ……。師匠の頼んだソーセージのピザも二切れもらいましたが美味しかったです。

マルゲリータ ピザ

師匠との話題はコンピューターの変遷に。わしらの若い頃はのう、なんてなことを言いながら、来し方行く末に思いをはせるわけです。私も20年近く前は出版業界にいまして、手書きで写植入稿をしていたことから考えると、20年後がどんな風になっているか想像もつきません。Amazonの音声入力端末が人類を支配しているのでしょうか。AIが予言の神としてご託宣を述べるとドローンがひれ伏す、そんな世界が来ているのでしょうか。ワクワクしますね。しませんか。

私はアメリカンコーヒー、師匠はエスプレッソを飲み干して、今日のランチはおしまい。いやー、満足でした。

コーヒー

以前読んだ漫画『王様の仕立て屋』はナポリを舞台にしているのですが、ピザ職人のおっちゃんがつくるピザが実に美味しそうに描かれてるんですよね。本物のイタリア職人が作ったナポリピザが楽しめるナポリマニア、さすが師匠のオススメでした。

  • いいね! (0)

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

Twitter でフォロー