夢があろうと無かろうと楽しく生きている奴が最強!

蕎麦らしい蕎麦が食べたい日ざるそば@ 長寿庵

ざる

ようし、渋谷2丁目のランチは俺たちに任せろ! アイブリ株式会社のしんぼです。

昨夜、弊社の月例全体会議がアカバルITALIANさんで行われまして、私は出席できなかったんですが、弊社の人間が領収証を頂こうと社名を出したところ「あっ、あのブログの…」とお声をかけていただいたそうです。ありがとうございます。もうこの辺で悪いことはできませんな。「渋谷2丁目ランチといえばアイブリブログ」もそろそろ現実味を帯びてきました。アイブリ株式会社は地域社会の皆様に貢献したい開発会社ですからSI事業とかやってますよ。

「どうやってお店探してらっしゃるんですか」とのご質問があったそうですが、足です。歩いて看板を見つけて入っております。入ったお店にはGoogleMapでチェックをつけておりますが、GoogleMapで探すということは基本ありません(たまに名前だけ載っててお店がもうなかったりしますし……)。Foursquareで「渋谷2丁目ランチ」というリストを公開しておりますが、Foursquareで探すということもあまりありません(Foursquareの地図はけっこう場所がズレてるし……)。

さて、今日のランチはここだ。

長寿庵

  • 席数(概数)テーブル 16席
  • 入店時刻と空席状況およそ12:40で7%くらい
  • 食べたものと価格ざる 870円
  • ランチ価格帯740〜1,450円

免責事項すべての情報は、正確を期してはおりますが、私個人の主観によるものです。

10月入って寒い日が続いてもうこのまま冬が来るのかなぁ、と思っていたらそうでもなくて、今日なんかはちょいと温かい陽気が戻ってまいりました。そうそう、暖かいうちに行っておきたいお店があったんだった。今日こそ行ってみるとしましょう。蕎麦ですよ蕎麦。あのう、蕎麦でも食わないかあ、ってね。

外観
店外メニュー

蕎麦はどちらかというと冷たいのを頂きたいので、今日みたいな陽気の日を待ってました。お店はいかにも蕎麦屋、て感じの店構えです。のれんをかき分けて中に入ります。お客さんは一人だけ。「空いてるんでどこでもいいですよ」てな感じで、すみっこのテーブルに座らせて頂きました。

メニュー表

メニュー裏

天ざるとか食べたいなぁ……とは思うんですが、ランチにそんな贅沢できる御身分でもない。ざるにしておきましょう。「ざる」と「もり」ってのがどっちがどっちか、あまり自信はないんですが、値段を見るに、ざるの方が海苔が載ってる方ですよね?(素人)

店内

店内ではラジオがかかっていて、なんだろう、ノスタルジックな気分です。中島みゆきの「蕎麦屋」を思い出しました。ほどなくお店のおかみさん?が戻ってきて尋ねます。「揚げ玉かサラダ、どっちがいいですか」 あ、そうか。店の外のメニューにも「揚げ玉 or サラダ」ってあったような。「揚げ玉で」とお願いをしました。私の見聞が狭いんでしょうけれど、ざる蕎麦に揚げ玉がついてくるのは初めてです。え、これ、つゆに入れるんで正しいのかな?

ざる

蕎麦はうっすら緑で蕎麦らしい味がします。安い立ち食いそばも嫌いじゃないんですけど、美味しい蕎麦にはやっぱり勝てませんやね。

私の後にも1人入ってきたので、店内の客は3人。私以外の2人はスマホ見ながらのんびり食べてる。いけねぇよ、旦那。蕎麦をのんびり食うのは野暮なんだ。こいつぁ鎌倉の蕎麦屋のおやじにインタビューした時に聞いた話だから確かだぜ。蕎麦ってのは時間経過で味が落ちるので、来たら後先考えず食べるのがいいんだそうで。あの蕎麦屋のおやじは「新聞読むなら食べてからにしろ」って息巻いてたっけ。いや、私も蕎麦の味がわかるつもりはないけどさぁ。そこまで言うなら急いで食べようって気になるじゃないの。

ペロリとたいらげてお支払いをすると、おかみさん「今日は外出ると暑いですよねぇ」と世間話。ええ、そう、そうなのよ。だから今日はざる蕎麦を食べたくなりましてね。ごちそうさまー。

Webでこのお店の情報を確認していたら「イベリコ豚の肉汁せいろ」って写真が見つかりました。そういや、後から来たお兄さんがイベリコがどうとか言ってたっけ。なんだ、美味しそうだな。店内のメニューにも店外のメニューにも見当たらないから、店内の壁に貼ってあったのかな。隅っこに座ったから気がつかなかったのかも。次回はこれ食べたいなぁ。これならこれからの寒い季節にも楽しめそう。

Web上ではこのお店、「長寿庵 赤坂支店」として紹介されているんですよね。どう逆立ちしても赤坂って場所じゃないけど、移転か何かしたのかな?

公式サイトは見つかりませんでした。弊社にご用命頂ければ喜んで制作させて頂きます

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

Twitter でフォロー