夢があろうと無かろうと楽しく生きている奴が最強!

気持ちいいおもてなしの寿司屋さん海鮮ちらし そよよ@ オーガニック鮨 大内

海鮮ちらし そよよ

ようし、渋谷2丁目のランチは俺たちに任せろ! アイブリ株式会社のしんぼです。

「渋谷2丁目ランチといえばアイブリブログ」もそろそろ定着してきたと信じています。ただし、アイブリ株式会社はSI事業など手掛けております開発会社です。

さて、今日のランチはここだ。

オーガニック鮨大内

  • 席数(概数)カウンター7席+テーブル 13席
  • 入店時刻と空席状況およそ12:40で0%
  • 食べたものと価格海鮮ちらしそよよ 1,050円
  • ランチ価格帯1,050〜7,200円
  • お持ち帰り

免責事項すべての情報は、正確を期してはおりますが、私個人の主観によるものです。

渋谷2丁目ランチで私が行っていない店もあとわずか(弊社調べ)。ということは行くお店も自然限られてくるわけで。海月さんへ入ってみたら、今日はお料理教室でお休みなんだそうで。あやや。じゃあ今日はあそこのお寿司屋さんに行ってみるかー。

外観
店外メニュー

オーガニック鮨というちょっと珍しい看板を上げているお店ですが、中へ入ってみるといたってオーソドックスな店構えです。たまたま店内には私以外のお客さんがおらず「お好きな席へどうぞ」と勧められて、カウンターの真ん中に腰を下ろしました。

海鮮ちらしを注文すると、職人さんが調理を開始。周囲を見渡すにつれ緊張が高まる私。以前も書きましたけど私、「回らない寿司不安症候群」なのです。寿司は好きなんだけどなー。怖いので箸袋を撮るのがやっとです。どんだけ不安やねん。

箸袋

そうやって私が一人で緊張していると、初老のおじさんが一人、お店に入っていらっしゃって、カウンターの端の方に座られました。

「海鮮ちらしそよよを大盛で」

なにー! そうか大盛って手もあったか。まー健康診断でも「あと腹囲さえ増えれば立派なメタボ」って診断が下ったので、気を付けないといけないんだけども。大盛とかしてる場合じゃないんだけども。

カウンターの前のケースには、美味しそうな肴がずらり。貝にエビに魚……とあって心躍る感じです。カウンターに禁煙の札があったし、寿司屋さんだから全席禁煙なのかな? 使い込まれた木の作り棚がいい味出しています。一輪挿しに飾られた草花がわざとならぬ風情があっていい雰囲気です。

海鮮ちらし そよよ

到着した海鮮ちらしを前に、身じろぎする私。いつも迷うんだけど、これ醤油ぶっかけて食っていいもんなんでしょうか。添えられたしょうゆ皿が気になります。丼の上の刺身をとって醤油さらにつけてからご飯と一緒に食べるのが正解? うう、わからん、けど、ぶっかけて食べちゃおう。不調法だったらすみません。刺身美味い。

私が瞬く間に食べ終わったのを、職人さんがチラリとみて、奥で洗い物か何かしている店員さんにそれとなく短く声をかけました。店員さんがやってきてお皿を下げて、ぬるくなったお茶を新しい熱々のお茶と取り換えてくださいました。これぞおもてなしの心なるべし。「回らないお寿司不安症候群」の私も心なしか落ち着いて、ゆったりお茶を頂くことができました。いやーいいお店じゃ。

追記

ランチ価格帯についてご質問を頂いて店外メニュー画像を追記しました。7200円はスペシャルにぎり。渋谷2丁目で最高値ランチかもしれません。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

Twitter でフォロー