夢があろうと無かろうと楽しく生きている奴が最強!

鼻をくすぐるこの香り。そして塩。トンカツ ロース@ シブツウ 加藤牛肉店

トンカツ ロース

ようし、渋谷2丁目のランチは俺たちに任せろ! アイブリ株式会社のしんぼです。

「渋谷2丁目ランチといえばアイブリブログ」は、SI事業など手掛けております開発会社アイブリ株式会社の提供でお送りしております

さて、今日のランチはここだ。

加藤牛肉店|シブツウ

  • 席数(概数)カウンター10席+テーブル 9席+α
  • 入店時刻と空席状況およそ13:15で50%くらい
  • 食べたものと価格トンカツ ロース 1,400円
  • ランチ価格帯1,000〜1,900円
  • ソーシャルアカウントTwitter(加藤牛肉店) Facebook

免責事項すべての情報は、正確を期してはおりますが、私個人の主観によるものです。

実は皆様に謝らねばならぬかもしれません。私、渋谷2丁目ランチを網羅したので2周目突入と豪語しておりましたが、若干見落としがあった可能性があるのです。社長が「あの店行った?」と言うので「どれですか?」「あのー裏の大通りの」「あっち何かありましたっけ」

渋谷2丁目ランチは、国道246号青山通りと六本木通りに挟まれたエリアです。246側がだいぶ賑やかなのでそちらがいわば「表の大通り」、首都高に埋もれてちょいと寂れた雰囲気の六本木通り側は「裏の大通り」なのですが、さてあんなところに何が?

詳しく聞いてみると、地下に下りるお店がいくつかって、そこでランチができたはず……とのこと。ええっ。そんな。この私が見落としたとでもいうのですか! そんなはずはないのでこっそり確認しに行くことに。

すみませんでした。路上手売り弁当1、お店2を発見してしまいました。今日はそのうちの一つ、シブツウへ行くことにしました。

このお店、私が毎朝、渋谷の新南口から坂を登ってくるところにあります。看板があるのは知っていたのですが、「山形牛のコース12,000円」とか読めたので、早々に「庶民の私には関係ないお店」と認識から外したのでした。まさかランチをやっていようとは。

たしかにランチ時間に行ってみると、路上にランチ看板が出現しております。くっ。対地攻撃兵器ブラスター打ち込むと登場するタケノコみたいな隠れ方しおって……ギリギリ。と思いながらも撮影して様子をうかがう私。

店外看板

しかも看板を見ると「平日火水木のみ営業です」とあり、より隠れキャラっぽい。

階段前ボード

階段の足元に置かれたボードには「空席あります」……おい! 満席になったらこれ下げてんのかよ! 入って満席だったらただじゃすみませんぞ。さらに「渋谷1おいしい」とまで書いてあり、これは挑戦ですね。

店外看板2

くるっと立て看板の裏を見るとロース定食1,400円……くっ。庶民の味方としてそして主に懐具合の都合により1200円を一応のラインとしているこの私に1,400円とは。大きく出たもんだな。ミックスフライとか生姜焼きで予算内に収める手もあるが……行ってやる! 渋谷1というとんかつを食べて「美味いな……だが渋谷じゃあ2番目だ」と怪傑ズバット的な捨て台詞を残してやる!

ドア

下りていくと暗い階段の先に意味深なドア……せっかくだからこの扉を開けるぜ!

店内

意外なくらい綺麗でピカピカの店内。酒の瓶も壁のくぼみにお洒落に並んでいる(壁面の写真撮れなかったけど)。ワイングラスが天井から逆さまに並んでいて……これ本当にとんかつ屋ですかあ?

にっこり笑顔の店員さんがカウンター席に案内してくれて、「あっ、お椅子が汚れてます。すぐお拭きします」と丁寧に拭いてくれて、なんだなんだ。高級感あふれてるじゃないか。いい店だな(手のひらを返したように)。

メニュー表

メニュー裏

予定通り、トンカツロースを注文。

赤が主体のお洒落な内装で、銀座のバーっぽい。これは夜は12,000円のコースもやむなしか……と思っているうちに意外と早くトンカツ登場。机に備えられた壺の中には「ごまだれ」と「ソース」があるのでお好みで、とのこと。

トンカツ ロース

ふっ。ばかめ、この私がソースなど使うわけがない。いいか、とんかつというものは……なにッ……こ、このトンカツ……塩が添えられているッ!(・・・・・・・・・・)

塩と辛子

『ザ・シェフ』第5巻で味沢巧が「レモン汁をしぼり塩を振って食べるのが最もうまいと思う」と言っているコマの画像をiPhoneで肌身離さず持っているこの私に、塩を添えて出すとは……できる。こいつらプロだ。塩をパラリと振って食べるのホント美味しいからおすすめ、と思っているけど塩常備してるとんかつ屋ほとんどないのよね。いや私もとんかつ用に塩を肌身離さず持つほど入れ上げてるわけじゃないけどさ。

だがまずは、塩を使わずとんかつだけ一切れ口に入れて味見……余計な脂がなくて、ほのかな香り。

私はとんかつは脂があった方がいいと思っているし、ヒレカツを食べると大抵失望する派なんだけど、このとんかつはちょっと違う。たしかに脂は少ないしヘルシーに違いない。けど、一方でほのかな香りが……これなんだろう。パン粉なのか、脂なのかわからないけれど、噛むといい香りが口の中に広がる。これはすごい。渋谷1美味しい、もあながち嘘じゃないかもしれん。

一口ずつ噛みしめながら塩をパラリの、たまにからしをちょいの。ああ美味しい。脂も少ないからなんか罪悪感少ないし。

というわけで、大変満足のいくとんかつでした。とんかつが食いたくなったらまた来るぜ。

公式サイトのURLが shibu2.com でなんか渋谷2丁目ランチブログとしては少々ジェラシー。銀座加藤牛肉店というお店の系列店のようです。夜は自腹じゃキツイかなぁ。

山形牛看板

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

アイブリ株式会社 代表取締役 橋井芳高 インタビュー

Twitter でフォロー