夢があろうと無かろうと楽しく生きている奴が最強!

渋2ランチ第二の隠れランチ発見!餃子定食@ 餃苑

餃子定食

ようし、渋谷2丁目のランチは俺たちに任せろ! 中学校では「隠れキャラしんぼ」と呼ばれたしんぼです。理由は後で。

「渋谷2丁目ランチといえばアイブリブログ」はアイブリ株式会社の提供でお送りしております。アプリケーション開発が得意なSIベンダーです。

さて、今日のランチはここだ。すみません、マップは煮干し中華そばはるいちさんで代用しておりますが、理由は後で。

餃苑

  • 席数(概数)カウンター5席+テーブル 14席
  • 入店時刻と空席状況およそ12:45で75%くらい
  • 食べたものと価格餃子定食 500円
  • ランチ価格帯500円
  • ソーシャルアカウントTwitter Facebook

免責事項すべての情報は、正確を期してはおりますが、私個人の主観によるものです。

なんで私が「隠れキャラしんぼ」と呼ばれたかというとですね、体育館での学年全体のイベント、遠足かなんかの準備集会で、体育教師に「お前はここにいろ、俺が呼ぶまで絶対出てくんな」と命令されて、言われた通りドアの陰に潜んでいたわけです。そしたら当然私の班の班長は私が見つからないことを先生に報告し、先生は集合に遅れることがいかに罪深いかの説教を一席ぶった後で「しんぼ、出てこい」と怒鳴ったので、私は当然ノコノコ出て行って学年の生徒全員に爆笑され「隠れキャラしんぼ」と呼ばれるようになったというわけであります。学校教育の礎となられたわけですな、我ながら。

さて、今日はLAMAI(ラマイ)に続く隠れランチの登場です。私は年末「青山通りに見慣れない看板が……」と気づいて以来、執拗に青山通りを歩いて今日はあの看板が出ているか……と調べておったのですが、待てど暮らせど出てこない。おかしいなぁ、年末年始だからお休みなのか。いやそれにしても長すぎはしないか。まさかあれは渋谷2丁目ランチを追い求める私に渋谷2丁目が見せた幻だったのか……と思うと、私がランチを食べ終わってしまった時に限って「餃苑」の看板が出ていたり、一度など別の台湾料理の看板が出ていて「あれっ? 店が変わった?」と思ったり、いっそここの路上で右を向いてジャンプするとかウィルオーウィスプに向かって一回剣を振るとかしないと出てこないのかと思ってみたり。なかなか巡り合えずにいたのがこの餃苑。今日はやっと入ることができました。やったぞ! やっぱり餃苑ラピュタはあったんだ!

外看板

煮干し中華そばはるいちさんのドアの横をすり抜け、正面のドアを抜けると、そこは雑多に家具が積み上げられた廊下。

ドア

居抜きなのかな? と思っているとまた大きなドアに突き当たります。ドアを開くとそこは思ったよりも広々とした洒落たカフェっぽい空間でした。

あれー、カウンター6席の小汚い店を想像していたのに(もしかして失礼)。何このお洒落空間そしてBGMはジャズ! 折しもかかっているのはオタクにもわかるジャズ「Fly Me To The Moon」ですよ。エヴァンゲリオンのエンディングでオタクに有名な。

カウンター席に座ると自動で餃子定食がオーダーされた模様。隣の男性さんは常連なのか、キッチンの男性とあれこれ世間話をしています。一人で作っているので、大勢いっぺんに入ると大変かにゃー。

男性はほどなく500円を支払ってお帰りになりました。500円! 看板には書いてあったけど、ホントに500円ならすごい。渋谷2丁目ランチで、持ち帰りを除けば最安値……いや、持ち帰り含めても最安値かもしれません。

餃子定食

餃苑 餃子定食 500円

運ばれてきた餃子定食を見ても、500円とは思えないクオリティ。タレも4種類。これはすごい。餃子も美味しいし、付け合わせもさっぱりしててお海苔がいい感じ。

私がむしゃむしゃと召し上がっていると、キッチンの男性が「辛いのお好きですか?」と尋ねてくれました。こういう時ってどう答えたらいいんでしょう? 嬉しい・楽しい・大好き?

「ふ、普通に好きです」

「けっこう辛いんですけども、自家製の辣油です、よかったら」

自家製辣油

自家製辣油

小瓶にいれた辣油をくれました。ふむー。タレに落としてピリ辛を追加。美味い美味い。

せっかく会話の戦端が開かれたので、続けてみることにします(渋谷2丁目ランチにおいて会話が発生するのは実に珍しいことです)。

「ここは不定期でランチやってるんですか?」

「ここ借りられるスペースなんですよ。だからだいたい木曜に僕はやってるんですが、木曜が借りられてたりすると、今日みたいに火曜だったり。」

……解けた、謎はすべて!(倒置法)

あー、なるほどね。だから滅多に看板見かけないし、台湾料理が出てたりする日もあるわけね(だからGoogleマップにも載ってないし、私が載せるのもどうかなー、と)。なるほどー! ということは、週1回会えるかどうかのレアな隠れランチ、それが餃苑の正体! そして餃子食うなら木曜日が狙い目!

というわけで、1コインで食べられる貴重な隠れランチ、餃苑でした! ……だから他の人はキッチン、木曜日に借りないで! 隠れキャラしんぼからのお願いです!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

アイブリ株式会社 代表取締役 橋井芳高 インタビュー

Twitter でフォロー