夢があろうと無かろうと楽しく生きている奴が最強!

アイブリにあなた一番近いおにぎり屋さんおにぎりセット@ おにぎり商店

おにぎりセットほか

ようし、渋谷2丁目のランチは俺たちに任せろ! アイブリ株式会社のしんぼです。

「渋谷2丁目ランチといえばアイブリブログ」はアイブリ株式会社の提供でお送りしております。アプリケーション開発が得意なSIベンダーです。

さて、今日のランチはここだ。

おにぎり商店 – おにぎりとフライ

  • 席数(概数)カウンター00席+テーブル 00席
  • 入店時刻と空席状況およそ13:40くらい
  • 食べたものと価格おにぎりセット 490円 + から揚げ3個260円 (チラシ補正-30円)
  • ランチ価格帯490円〜
  • お持ち帰りのみ
  • ソーシャルアカウントTwitter instagram

免責事項すべての情報は、正確を期してはおりますが、私個人の主観によるものです。

しばらく更新が空いてしまいました。その間もご飯は食べていたのですが、同時に仕事もしていたのです。いや、このブログも仕事なんですけど、他の仕事に追われておりますと、ついついおろそかにしてしまいがちです。とはいえ、細々と続いて来た渋谷2丁目ランチブログの火をここで灯すわけにはいかない! あ、いや、絶やすわけにはいかない! 社内的にも期待されてるようなとこあるし!(たぶん)

渋谷二丁目のこんなブログをやっておりますと、社内のみんなも心得たもんで、「あそこお店変わってましたよ」「あっちでなんかやってますよ」的な情報に事欠きません。その中でもアイブリに最も近いたれ込みがこちら! 以前NEXT DOOR by Theater Dining cafeとしてご紹介した場所でございます。パニーニのお店はあまり長居せずお店は空白だったのですが、先日「おにぎり屋さんになってたよ」というたれ込みを頂いた次第です。パニーニの次はおにぎり! その名もおにぎり商店! わかりやすい!

そうこうするうちに弊社の先発隊?からチラシがもたらされまして、このチラシを持参すると30円引きとのこと。新しいMacBookProを買ってしまった私としては、30円の節約も大事です。今日、行ってみることにしましょう!

お店の前に近づくと、看板が出ています。私の前に1人入っていくお姉さんを目撃。

外観

おおっ。こんな遅い時間にも1人入っていくとは賑わってますな! 外看板を撮影していると、背後から近寄ってきたチラシ配りの青年が「30円引きになりますから、どうぞ」とチラシをくれました。そういえば、会社にあったチラシ持ってくるの忘れてたな。「30円の節約も大事です」と言った舌の根も乾かぬうちにチラシを忘れる男。節約できないタイプです。でもそこは運でカバー。

外看板

前のお客さんが出るのを待って、中に入って商品を眺めてみます。入口近くにはお弁当を配備するスペースがあるのですが「一日5食限定」「本日分は売り切れました」との表示が目に入りました。うむっ。苦しうない。どんどん売れるがよい。悔しくなんかないぞ。

ウィンドウ

店内を見て居るとおにぎりセットが目に留まりました。490円とお値段お手頃。でもこれだけだと(横に)育ち盛りのおっさんいは足りなさそうなので、から揚げ3個追加で頼んじゃおうかなー。

カウンターのお姉さんは「単品で揃えるよりセット買って追加する方がお得ですよ」とかいろいろ相談に乗ってくれました。さながらおにぎり相談所という名前でもいいんじゃないかと思います。せっかくなので、「今日のご当地おにぎり」とおかかのセットにしました。ご当地おにぎりは「石川県 金沢市のかあちゃんのふりかけ」。ゴマと味醂風味漂う、のり、イワシがたっぷり入った味わいふりかけだそうです。いいね、金沢。いいね、ふりかけ。

ご当地ふりかけ

会社に戻ると同僚からは「もう戻ってきたの」とびっくりされました。そりゃあもう、アイブリにあなた、一番近いおにぎり屋ですから。えーと原田知世ネタで引っ張って大丈夫でしょうか。

おにぎりもぐもぐしがてら、石川県のかあちゃんのふりかけについても調べてみました。たぶんこれ。

母ちゃんのふりかけ170g 商品詳細 水産品、水産加工品 -北陸うまいもん市場-

母ちゃんのふりかけ170g

というわけで、170g ということは間違いなさそうです。

おにぎりもから揚げも卵焼きも十分に美味しかったです。しばらく節約におにぎりの毎日を送ろうかなぁ。

おにぎりセットほか

あ、写真でから揚げの隣に映っているごとぴーは、今後弊ブログのマスコットキャラクターにしようと思っていますのでご期待ください。となりのごとぴー、ごとぴー(メロディはご想像ください)。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

アイブリ株式会社 代表取締役 橋井芳高 インタビュー

Twitter でフォロー