夢があろうと無かろうと楽しく生きている奴が最強!

ランチするたびに謎が深まる!若鶏唐揚げ御膳@ 隠れ房 南青山店

若鶏唐揚げ御膳

ようし、渋谷2丁目のランチは俺たちに任せろ! アイブリ株式会社のしんぼです。

「渋谷2丁目ランチといえばアイブリブログ」はアイブリ株式会社の提供でお送りしております。アプリケーション開発が得意なSIベンダーです。

さて、今日のランチはここだ。

隠れ房 南青山店

  • 食べたものと価格若鶏唐揚げ御膳 1,000円
  • ランチ価格帯1,000〜1,700円
  • Wifiあり
  • ソーシャルアカウントFacebook

免責事項すべての情報は、正確を期してはおりますが、私個人の主観によるものです。

「気も○るうような暑さと湿気。熱病と死を運ぶ虫ども」とつぶやきたくなるような惑星クメン並みの気温が続きますが皆さんお元気ですか。たしかにここは地獄に違いない。

会社の人たちが「こんな暑い日は遠くまで行きたくないよねぇ」と言っている中、誰にも頼まれてないのに徒歩10分の先まで歩いて行く俺がいるぜ! 暑さで頭おかしくなったんじゃないだろうな。ちょっと良さげなお店をみつけました。ちょいと歩きますが、な……。

Google先生に道を尋ねたら「爽やかな青山通りルート」と「人気の無い六本木通りルート」を提案され「どっちでも大差ないよ」と言われました。結論、青山学院ちょっと邪魔なんでそこ通してくれる?

六本木通り歩道

六本木ルートで行くことにしたんですが、太陽はじりじりと照りつけてきます。北風がビュウビュウ吹き付けてくれたらいいのに……以前は「ポカポカ暖めて旅人の外とうをを脱がせました」なんて穏やかな勝負でしたが、今度の勝負は「どちらが先にあのおっさんを殺せるか、それで最強を決めようぜ」になったんでしょうか。ターゲット私。それにしてもホントに10分でお店に着くんだろうなGoogle先生。途中のトンネルが涼しくて助かりました。

トンネル

知らない男女が話しながらちんたら歩いているのを追い越します。こちとらヒマじゃねぇんでぃ。

男「もしそれをやりたいんだったら、三階級降格しろって」
女「ハハ」

何の会話かなぁ。三階級降格って、ちょっと軍事的な用語じゃない? 軍人には見えないけどなぁ。三階級降格のある会社ってどんな会社だろう。二階級特進もあるのかなぁ。「二階級特進……それだけなんですか? 社員の間は何にもしてくれないで……辞める人に賞与の一つくらい!」とか盛り上がる会社、素敵ですね。

そんなことを妄想していたら、目的の「隠れ房 南青山店」が見えました。所要時間11分。まあ途中で写真撮ってたしな。

外観

外メニュー

黒板

重い扉を力を込めて押し開けると、そこには暗く照らされた階段。否が応でもダンジョン気分に。子供か俺。精神年齢=子供か。

階段

でもこの階段からすぐフロントにつながっており、あまりはしゃいでると店員さんに見つかって恥ずかしいからチューイせよ。

案内されていく先は、広く落ち着いた店内。個室もある。洒落た店やのう。

内装

店内に大きな石球のオブジェがあって神秘的。なんとなくゼビウスを思い出します。ランチするたび謎が深まる、かもしれない。

オブジェ

ランチには「若鶏唐揚げ御膳」を選択。なぜかって、プライベートで新しいMacBookPro買っちゃって貧しいから、一番安いのを選んだまでさ……後悔はしてないぜ。

若鶏唐揚げ御膳

届いたランチはほのかに唐揚げの香りがしていい~匂い。食欲をそそります。

お味噌汁に一口つけると、ふむ……いいお出汁。

唐揚げに添えられた黄色い粉を発見。え、なんだろこれ。料理に疎い私には判断ができないので有識者の皆様におまかせしたい。私の当て推量を許していただけるなら、カレー粉と塩?

冷や奴も食べてみると「!」と驚きの味。たぶんゆず胡椒。

唐揚げ御前というありきたりの題材を選びながら一品一品で客に驚きを感じさせるこの味の妙……ランチするたびに謎が深まる! 深まるぜ!

カラオケボックスも付属しているみたいだし、今年のアイブリ忘年会はここにしようかなぁ。年末まで、チェキ!

関連記事

    • 御近所
    • 2018年 8月 04日

    いつも楽しく拝見しております。
    青山学院の中、抜けられますよ。
    ローソンの前の門から入って、短大の横を通って幼稚園の脇から出ます。
    守衛のおじちゃまが御挨拶してきちゃいますがそこはにこやかにお返事。
    学生さんじゃなくてもOKです!迂回すると異様に大変なんですよね…。

    • shimbo
    • 2018年 8月 06日

    コメントありがとうございます! 読んで下さっている方が実在するとホッとします。

    そして貴重な情報もありがとうございます。
    抜けられるんですね! これで弊社忘年会の時にも社員30人まとめて通過できそうです。

    いや、それはさすがに守衛のおじちゃまに止められるのか!?
    ドキドキしますが、まずは一人で通過してみたいと思います。
    ありがとうございます。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

アイブリ株式会社 代表取締役 橋井芳高 インタビュー

Twitter でフォロー