夢があろうと無かろうと楽しく生きている奴が最強!

キチンとチキンを焼き焼き!若親鶏焼肉定食@ Chicken Kitchen

若親鶏焼肉定食

ようし、渋谷2丁目のランチは俺たちに任せろ! アイブリ株式会社のしんぼです。

「渋谷2丁目ランチといえばアイブリブログ」はアイブリ株式会社の提供でお送りしております。アプリケーション開発が得意なSIベンダーです。

さて、今日のランチはここだ。

CHICKEN KITCHEN|渋谷ストリーム/SHIBUYA STREAM

  • 席数(概数)カウンター4席+テーブル 44席
  • 入店時刻と空席状況およそ13:10で15%くらい
  • 食べたものと価格若親鶏焼肉定食 1,180円
  • ランチ価格帯920〜1,180円

免責事項すべての情報は、正確を期してはおりますが、私個人の主観によるものです。

えー毎度おなじみのブログでございます。

都内ぶらりと歩いております分には地名なんてものは気にならないもんでして、あたくしも今でこそこんな「渋谷2丁目ランチ」なんてブログを書いておりますが、元は田舎者でございまして、都内の地名もさっぱりわからなかったもんでございます。若い時分には同郷の友人に「やっぱさー、都内の地名をさらっと『ああ道元坂の方ね』とか言えたらカッコイイよねー」とか言われて成ル程そうしたもんかと都内の地名をあれこれ頭に入れましてナ。ところが都会の人とだんだん親しくなりますと、都会の人は一向こだわりがありませんから「あっちの坂」とか「こっちの109の横」とか平気で話しておられる。妙に地名コンプレックスを持つ方が田舎者というわけで、なかなか思ったようには都会ぶろうったってそうはいきません。

渋谷の2丁目を食べ尽くした感がございますので、今日は渋谷3丁目の方まで、と思いまして、社内で「さて本日は渋谷警察署の方まで攻めようと思っております」と申しましたところ社長が「おっ、渋谷ストリーム! ぜひ行ってきてくださいよ」と仰いました。そういや社長と先日渋谷ストリームの話をしたところでした。あたしゃ何もそんな金王坂のどんづまりまで行くつもりはなかったんですが……これもまあ話題性というものですから、行ってみることにいたしましょう。途中のボッシュのカフェとかも良さそうですがまた今度。

外観

行ってみると大したもんですなァ。立派なビル。昔のうさんくさい落書きだらけの路地裏というイメージは微塵もありませんで、お店もいっぱい並んでいます。飲食店がずいぶん多いように思うのは上のビジネスエリアを支える予定があるからでしょうか。たしかにあれが全部埋まったら、飲食店は混み合いそうです。

渋谷川

なにせ社長直々に「見てまゐれ」との仰せですから、お店の看板を見繕いながらそぞろ歩きに眺めて歩きます。2階のお店と3階のお店、比べるならば3階の方が少しお高いように感じました。もちろんお店によってまちまちではございますけれども。1階のお店はちょっと個性派かなーという気がして、これはこれでまた気になる。でっかいカメラでビルを撮ってるおじいさんも気になります。

カメラおじいさん

社長が「気になってる」と言っていたお寿司屋さんもありましたが、これはいけません。幾重もあるお店の中で、ここだけランチの看板も、メニューもなーんにもありません。つまりこれは清水の舞台から飛び降りるとかそういう覚悟で入る種類の、例のアレでございます。「タカイ・スシ」というヤツです。「清水の舞台」ってな渋谷に似合わない例えでしたかね……渋谷ストリームの上から身を投げるとか。いやサこりゃ縁起でもない。

庶民の私が気になったのはやはり鶏でございます。鶏焼肉のお店。チキン南蛮ももちろんたいそう魅力的ですが、今日は焼肉といたしましょう。

店外メニュー

お昼時ということもあってお店はだいぶ賑わっています。テーブルには無煙ロースターというんでしょうか、天井から銀色の集煙器がずーんとテーブルの上まで伸びています。壁に近いところの二人席に案内されまして。椅子が物入れになっていて私の大きなカバンでもラクラク中に入ります。

内装

メニューによれば若鶏と親鶏と違った趣を楽しめるということのようなので注文は「若親鶏焼肉」にいたしました。ほどなく運ばれてきたのが紙エプロン。

メニュー1

メニュー2

若親鶏焼肉定食

料理を運んできて下さった方によれば、手前が親鶏で奥が若鶏。親鶏からお召し上がりください。味噌をよく絡めて皮の方から焼いてください。一味唐辛子は鶏野菜汁に入れるとオススメです。これはこれはご丁寧に、ありがとうございます。さっそくトングで焼き始めました。親鶏の皮から。

焼きはじめてまもなく気づいたことが、味噌をたっぷり絡めたので肉が焼けたかどうだかこれがさっぱりわからない。ひっくり返してもわからない。早々に目視で焼き上げるのは不可能と判断いたしまして、経験航法に切り替えました。探り探り焼いて参ります。

まずトングで親鶏を2枚、ロースターに置きましてな。トングを置いたら、その2枚が焼ける前にご飯を一口、鶏野菜汁を一口。トングをとって2枚を裏返します。トングを置いてご飯、鶏野菜汁。こうして表裏、繰り返しまして後は一念、食べたいと思った時が食べ時でございます。まあ十中八九、清潔な鶏を使っているだろうとはお思いますけれども。

結局親鶏と若鶏の違いにつきましては、まあ言われてみれば違うかなという感じで、私のような不調法な人間にはわかったようなわからないような具合ではございますが、全部食べたら美味しかったというのは間違いのないところで。ただ一度、口をつけたらあんまり熱くて口の端をやけどしたことがございました。味噌のせいかなあと思うのですが、してみると味噌を付けずに焼いて、焼き上がったら味噌付けて冷やすという方が安全かもしれません。お店のオススメとは少々異なりますが。

鶏野菜汁は少々あっさりめのお味なので、一味を入れたら良い具合に温まりました。お店のお姉さんの言った通りです。

お支払いの段になってレジで自分が紙エプロンを着けていることに気づきました。危ない危ない。お姉さんが黙っていたら気づかず店を出るところでしたよ(汗)

帰社いたしましてChicken Kitchenさんの情報を探しましたら、出るわ出るわ、世界中いたるところにChickenKitchenという名前のお店がございまして、みんなキチンとチッキンが好きなんですな。渋谷のChickenKitchenについては、今どきにはめずらしくソーシャルネットワークのアカウントがない模様。これから作るのか、それとも「てやんでぇSNSなんざ要らねぇよ」という心意気なんでしょうか。

自家製の八丁味噌ダレに絡めて焼き上げる鶏焼肉の専門店 Chicken Kitchen

藤原ヒロシ監修のポップアップレストラン CHICKEN KITCHEN が復活? | HYPEBEAST.JP

寡聞にして藤原ヒロシさんという方を存じ上げない田舎者ですが、かっこいいですなあ。まさに都会的な……と思う反面こういう方が意外と地方出身だったりするのもよくあることで、人の洗練は出自のせいではなく自分の責任なのだと思い知らされることもしばしばでございます。

今度機会があったらチキン南蛮も試してみたいと思います。えー落語風のブログ噺、お後がよろしいでしょうか?(疑問形)

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

アイブリ株式会社 代表取締役 橋井芳高 インタビュー

Twitter でフォロー