夢があろうと無かろうと楽しく生きている奴が最強!

プリプリした食感が楽しめる名物 鶏カツ@ 串揚げ屋 生粋

名物 鶏カツ

ようし、渋谷2丁目のランチは俺たちに任せろ! アイブリ株式会社のしんぼです。

「渋谷2丁目ランチといえばアイブリブログ」と言われるようにしたい。そういう固い決意のもと、今日もランチに出発! なおお断りしておきますが、アイブリ株式会社はSI事業など手掛けております開発会社です。

さて、今日のランチはここだ。

五感で楽しむ串揚げ屋 生粋namaiki

  • 席数(概数)カウンター08席+テーブル 20席+α
  • 入店時刻と空席状況およそ13:10で70%くらい
  • 食べたものと価格名物 鶏カツ 1,300円
  • ランチ価格帯1,300〜1,800円
  • ソーシャルアカウントFacebook instagram

免責事項すべての情報は、正確を期してはおりますが、私個人の主観によるものです。

25日といえば給料日。給料日の当日は時間の都合でアンペアさんに行きましたが、給料日を過ぎたら行こうと思っていたお店があります。それがここ、生粋……!

ランチのメニューが1,300円から始まっているので、これまでの渋谷2丁目ランチの中でも高価格帯に入ります。給料日過ぎたら行ってみよー、と思っていましたので、今日がその日となりました。

外観

お店の前で何気なく看板を見てギョッとして二度見することしばし。「生粋」の横に「NAMAIKI」とローマ字でふりがながふってあります。マジすか。「きっすい」じゃなくて「なまいき」なのか……。やられた感にうちひしがれながら、重めの扉を開いて中へ。

NAMAIKI
店外メニュー

カウンターに通されました。一番手前の席だったので、奥の方よくわからず、テーブルもっとあったらすみません。入口の近くには個室もあって居心地よさそう。女子会っぽい雰囲気の方々が団らんしておられました。

カウンターに座るとキッチンがよく見えます。店員さんたちがキビキビと動き回りながら、食材を揚げていきます。串揚げ御膳もいいなあ。見るからにサクサクで美味しそう。

私の注文した「鶏カツ」が到着。店員さんが「お召し上がり方はご存知ですか?」というので、素直に教えてもらいました。卵をといて、カツをソースにつけ、とき卵にからめて食べる、とのこと。最後にご飯にかけて卵かけご飯にするのもグッド! もし醤油が必要ならご用意しますのでお声をかけてください、とのことでした。ほほう。カツを卵で食べるのは初めてだな。

名物 鶏カツ

そして塩! 塩がありますよこのお店には。漫画『ザ・シェフ』の主人公味沢巧は「私はトンカツは塩をパラリとかけてレモンをしぼって食べるのが一番うまいと思う」と宣うた。カツには塩をパラリ! もっとも味沢巧はなぜかその直後「まぁ好みにもよるがね」と弱気発言をなさるのですが。しかし塩で揚げ物実際美味しいです。あんた分かってる。分かってるよ!

カツを口に入れてみてびっくりするのは、そのクニュという食感。メニューに「半生で」とあったのがようやく意味がわかりました。完全に火が通ったらよくあるチキンカツの味になるわけですけど、ここのは半生でうっすら赤みがかっているので、鶏肉の不思議な弾力がぷりぷりして美味しい。肉も厚くて食べでがあります。からしだけで食べても塩だけで食べても美味しいので、卵が全然減りませんでした。ご飯は順調に減ったので、肉を食べ終わるころにはご飯も空で、そして卵だけが残され……卵かけご飯にならんじゃないかね! 思わずご飯のお替りをしそうになりましたが、いけねえいけねえ。満腹は肥満の第一歩よ。

お昼に毎食1,300円……というわけにはいかないかもしれませんが、ここぞというときに行きたいお店でした。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

Twitter でフォロー