夢があろうと無かろうと楽しく生きている奴が最強!

灼ける黒鉄の丼!松坂牛モツ煮丼@ 松坂牛肉焼つる屋

松坂牛モツ煮丼

ようし、渋谷2丁目のランチは俺たちに任せろ! アイブリ株式会社のしんぼです。

しばらく外出とかお休みで間が空いてしまいました。しかし良い子のみんなは「渋谷2丁目ランチといえばアイブリブログ」! 約束だよ! アイブリ株式会社は子供向け番組ではなくSI事業など手掛けております開発会社です。

さて、今日のランチは松坂牛肉焼 つる屋じゃ~っ!

渋谷の焼肉店なら表参道・青山にある【つる屋】

  • 席数(概数)カウンター4席+テーブル 20席+α
  • 入店時刻と空席状況およそ12:45で80%くらい
  • 食べたものと価格松坂牛モツ煮丼 970円
  • ランチ価格帯970〜1,200円
  • ソーシャルアカウントTwitter

免責事項すべての情報は、正確を期してはおりますが、私個人の主観によるものです。

今日はお腹が空いたので、ガッツリ肉でも行ってみっか! というわけで、松坂牛肉焼つる屋さん。「焼肉」じゃないですよ「肉焼」ですよ。いや、「牛肉・焼」なのかな。よくわかりませんが、この私の脳内にみなぎるガッツリ感、伝わりますでしょうか。

外観

店外メニュー

お店の中に入ると、白髪交じりの爽やかなおじさんが、キッチンの中からにこやかにカウンターへ案内してくれまいた。お店けっこういっぱい入ってる。カウンター席以外はいっぱいかな、もしかして。テーブルを囲んでいるのはなぜかみんな「会社員」て感じの人たちです。あれかな、みんなで肉焼とか、鍋とか、一つのものを囲んで食べると仲良くなるって言いますものね。まぁランチはそういう形式じゃないけども、雰囲気だけでも、みんなでお肉だ!

店内にはほのかに肉のいい香りが漂っています。うーん、お腹がすいてきたよ。松坂牛焼きカレーも惹かれるけど、モツ煮丼で行ってみよう!

すべての席の前にはいかにも焼肉って感じの無煙ロースターが設置されています。肉だねぇ。店内お客さんがいっぱいなので、店員さんはキッチンの中で大忙し。電話にもなかなか出られないくらいです。予約の電話らしいですが、おっ、英語に切り替えた? 予想外に歯切れのいい英語でスムーズに応対しております。なかなかやりますな、渋谷の肉焼屋さんも。

無煙ロースター

お客さんがいっぱい、かつキッチンが一人なので「こりゃあ時間がかかるじゃろうのう……」と覚悟しておりましたら拍子抜けするくらい早く丼が運ばれてきました。黒鉄の丼がジュウジュウ音を立てていて、これうっかり掴んだらヤバイやつじゃん。アレだよ古代中国の拷問で灼けた鉄を抱かせたってのと同レベル。こわい。まぁ気をつけてればいい話なんですが。

松坂牛モツ煮丼

食べてみるとご飯が熱々。ほんのり香り付け程度にピリ辛で食べやすい。モツ煮なので肉~!って感じではないですが、穏やかな旨味がじんわりご飯全体にいきわたってます。ご飯のお焦げもほのかに香ばしい。根菜も体温まる感じ。これからの寒い季節にこれ最高ですやん。

店内は会社員の皆様(私も会社員なんですけど)の雑談で和やかです。私の後ろでは女性がテーブル囲んで談義しています。「あたし、自由が丘で最強に不味いラーメン屋に当たったことがあるんですけど」「ヤバーイ(笑)」「(飲食店サイト)とかでけっこういい点数だったんですけど、一口食べて黙り込んじゃうくらい。なんて店か忘れたけど」 

そこ重要ッ!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

Twitter でフォロー